<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
あに
シンジbotがうるさいので感想を書く。終わったアニメのをな。

・まどか
ぶろぐ見返したら俺まどかの感想書いてないなって思ったけど、これ放送が延びに延びてたからだな。
いろいろ楽しめました。個人的に一番秀逸だったのはイヌカレー空間なんだけど、2話3話の雰囲気(Magia+イヌカレー空間)があまり使われなかったのが残念。まああの曲を戦闘曲に使ってたのはEDへの布石でもあるので、仕方ないだろうけど。
このぶろぐはアニメ終わった直後の熱意で書くので、時間が経った今冷静に語りたいことも特にないな。この作品の場合、既にいっぱいいろいろ感想読めると思うので。
個人的にはオチがあまり好きじゃないんだけど、綺麗にはまとまっててすごいと思った。1クールで綺麗に畳む作品ってすごく良いよ。見やすいし。
アオいいよね

・アザゼルさん
原作読んだことなかったんだけど、面白かった。
変に良い話にしたり、「なかったこと」にしないのが良い。ギャグだけど相当外道な話多いわ。
良質なギャグアニメだとおもいますよ

・神のみⅡ
良くも悪くも神のみだった。
無難ってことはちゃんと丁寧に作られてるってことだな。
ただ2期の攻略相手はそんな好きじゃない面々かな。
ああでもちひろよかったなーこれはアニメですごく良いなと思った部分。すごく丁寧に描写してた

・アリア
これ考えた奴アホだろ枠。まあまあ面白かった。
主人公が性的に興奮すると超人にトランスして、銃弾とか余裕で避けて超超精密射撃とかなんでもありになるアニメ。
最近は釘宮の(見た目が)幼女キャラが出るだけでげんなりするんだけど、これは結構よかったよ

・C
なんとも言い難いアニメ。面白く見てたんだけど、やっぱり最後が釈然としないなあ。
強めのネタバレありで書くので、以下反転にしとくか。

三國が輪転機を回したのは、未来を犠牲にして日本がどれだけ退廃しようとも、日本が消えるのを防ごうとしたため。
で、公麿が消えていく人たちや退廃した日本を見て、「未来を守りたい」って考えた。これは理屈はともかく、わかる。
問題は、なんで公麿が輪転機を逆回転させたらCが素通りしたのか、ということ。
過去の例を見ると、金融街が崩壊した時点で国そのものが消滅している。
確かに、Cの襲来後、結果として名前上日本という国は消えたようだけど、それはアメリカの一部(のようなもの)になっただけで、人々の存在が消滅したわけではない。
存在そのものが消滅した国と比べて、何が違ったのか?輪転機で未来を買い戻したから?
それで救われるなら、そもそも三國がその策を考えなかったのは何故?日本という国にこだわったとしても、Cの直撃を前にしてその選択肢を考えないのは不自然だと思うんだが…。
登場人物がそれを知らなかったとしても、公麿の行動が異常に不自然。頑張って日本を消滅させようとしていたとしか思えない。
そもそも、竹田崎の行動によって日本円の価値ってほぼ無価値になったと思うんだけど、無価値になったミダスマネーで未来を買い戻せるのか?
俺がよく見てなかったとか、知識不足(実際の経済に則して設定を作っているので)なのかわからんけど。
あと、設定が独特すぎたため、最終話付近まで公麿の行動がよくわからなかったってのもあるな。
「今より未来」「未来より今」でぶつかりあってたけど、具体的にどういうこと?って思いながら見てた人多かったと思う。「今を守ること≒未来を守ることじゃ?」みたいな。
そういうわけでなんかノれませんでした。ラストシーン自体は好き。

キャラのデザインはよかったなーmebaeって方、知らなかったけど宇木敦哉と市川春子と同ゼミ出身って聞いてびっくりしたよ。みんな好き。
あーあと、サトウさんが超好きです。なんか、ちょう好きです。

・あの花
これも毎週楽しませてもらった。
めんまを含む少年少女たちの世代観の描き方がものすごく秀逸で、テクニカルだなって思った。
例えば、めんまが「ですよ。」のネタを口ずさみ、仁太が「寒い」って突っ込みを入れる。
確かに、「ですよ。」みたいな、ネタよりも身振り手振りで笑わせる芸人って、どちらかというと子供の方に人気で、高校生くらいになるとむしろ「寒い」とか思うもんだよなって。
そういう描写をちりばめるようなやり方って物凄くリアルだし、面白い。
ただ、最後があまり好きじゃなかった。というか、めんまの「願い」で引っ張り続けた話なのに、願いで肩透かしを食らった印象。
あの願いにはいろいろな意図があったのだとは思うけど、一度肩透かしをくらうと、終盤の「泣き」のシーンで置いてけぼりをくらう。
そんな感じで、うまいこと入り込めないうちにあれよれよと終わってしまった。
最終話序盤の仲違い⇒和解も、ちょっと繊細さが足りなかったかなという印象も受ける。
まあ感動と笑いに関しては人それぞれなので、あくまで俺の意見だな。
通してみれば良いアニメだったと思います。

・電波女
なんか知らんけど、女の子むちゃくちゃかわいかったな。
エリオもりゅーしさんも前川さんもババアもよかった。女の子全部可愛いと思うアニメって、そんなないよ。
あと青春描写絶妙で、自転車のとことか良かったよ。
原作者嫌いだったんだけど(電波女自体は読んでない)、このアニメは良かったです。



↓こっから下はまだ終わってないやつ。

・ユルアニ
一週間の中での30分の癒しタイム
なんか、ハトヨメもぷーねこもアニメ化っていうアニメ化じゃなかったから最初はガッカリしたけど、いろいろ良いわ。
この枠永遠に続いても良いって密かに思ってる。

・タイバニ
話題になってから乗り遅れる形で取り溜めを観たんだけど、いや面白いね。
主張しすぎないギャグもちょうどよいし、ヒーロー達のかっこよさも良い。
こんなにシンプルな設定で面白い作品作れるんだな、ってのは目から鱗。広告とかも含めてね。
ただ、作画というか演出というか、ときたま爽快感足りないかなって思うことはある。
ジェイク戦とか、あの一発はもっとスカッとするものでもよかったなあと思う。

・日常
面白い。OPが好き。なのがかわいい。
あとは、ギャグアニメだから感想は人それぞれで!

・いろは
コウちゃんかわいそうだなあっておもいました

・シュタゲ
原作未プレイ。評判が良かったのでアニメに対するハードルも高かったけど、良い感じにハードル越えてる感じするね。
まだ折り返しだし、多くは語らんようにしよう。終わったときに感想かく。

・青の
普通。普通だけど普通に面白い。
設定上主人公の戦闘シーンがそんなに見れないのがちょっと不満かな。かっこ良いのに。



ほかは観てないか、数話で見るのやめたので感想は無し。
[PR]
by anoato | 2011-07-03 03:56 | 感想