<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ネットラジオ
ここ数日ねとらじを聴きながら作業をよくします。
今はねとらじって言うと「livedoorネットラジオ」のことを指すのが一般的みたいですね。wikiによると。
俺も昔、4,5年くらい前にネットラジオをやっていた時期があったんですが、あの時はあるコミュニティのある方が提供してくれるサーバーを使っていたので、「livedoorネットラジオ」のように体系作られたものは知らなかったんですが、この「livedoorネットラジオ」の前身、「らじちゃんねる」(後に改名して「ねとらじ」)は2002年にはもう存在していたんですね。
ネットラジオを始めるに当たって、まず突き当たる問題はサーバーですから、こうして誰でも簡単に始められる場所を、安定したサーバーを提供できる企業が提供する事は非常に良いことだと思います。「ねとらじ」がlivedoorに委譲されるまでは、アクセスが集中するとサーバーが落ちるってことが頻繁にあったそうですしね。
とは言っても、正直言ってトークが面白い人はごくごく一部なんですよね。逆に言えば、一部の人間は素人だろうと容赦無しに面白い。ねとらじに限った話ではなく、素人だからできること、っていうことがあるわけですよね。これはWEBコミックなんかにも言える話ですが。どんなに自由なことをやっても許される、そういう環境でこそ生きる人っていうのがいるわけです。
ただ、先ほど述べた通り、大半は正直面白くないんです。俺はどちらかと言うとそっちではなく垂れ流しの方をよく聴くんです。いわゆる作業用BGMとしてですね。俺は自分の持ってる曲をあまり作業用に聴いたりしないんです。例えシャッフルにしたとしても全部自分の予想できる範囲内の曲しか来ませんし、自分の持っている曲は必然的に好きな曲が多くなるわけですから、そっちに聴き入っちゃうんですよね。でもねとらじの垂れ流しなら、何が来るか全く予想できないし、全部が全部お気に入りの曲じゃないわけです。聞き流すのにちょうどいいんですよね。ビットレートが高くないので音質がそんなに良くない、っていうのも垂れ流しやすい理由のひとつなんじゃないかと思います。高音質だとやはり聴き入ってしまう恐れがあるんです。
自分の知らなかった新しい好みの曲を発掘することができることも魅力のひとつですね。この曲いいな、と思ったら歌詞でぐぐれば何の曲か分かりますし。勿論、垂れ流しを始めとして、ネットラジオには深刻な著作権問題もあるわけですが・・・それはここではノータッチにしておきます。
とにかく、何が言いたいかと言うと、ねとらじは楽しいですけど、それをするのに夢中になって漫画を疎かにしないで欲しいってことですね。新都の作家は。
[PR]
by anoato | 2007-11-29 06:02 | 観想
はじまるよー
たまに何か書きたいときに、書く場所が無いということがたまにあるのでブログを始めようと思います。
ちょうど、電話を受けている最中に手元にメモ帳が無い、という状況に似ていますね。全然違うけど。
[PR]
by anoato | 2007-11-28 07:50 | 観想