カテゴリ:感想( 36 )
どうでもいい感想
どうでもいいことをずらずら書く

・充電ちゃん
ぢたまの趣味120%
1話でおなかいっぱい

・うみものがたり
パチンコ発だしどうでもよかったけど、見たら監督佐藤順一でまんまARIAな雰囲気だった
それでも割とどうでもいいけどな

・うみねこ
とりあえず登場人物多すぎて把握できなかった。
最後まで見なきゃ評価できないような作品だよなこれは
ひぐらしみたく途中で見るのやめそうだから今のうちにやめとく

・青い花
話も雰囲気も原作通り
未完作品なので、アニメはどういう展開で終わるのか気になる

・大正野球娘。
これどこまでちゃんと野球やるんつもりなんだろうって感じ。
一応男子と試合するという目的があるんだけど、まともに試合できるようになるのだろうか・・・

・化物語
正直俺は好印象
確かにシャフト臭はきついけど悪い方向には左右してないと思う
まあ八九寺と神原が出てからが本編だからまだわからんな!

・CANNAN
アクションかっこいい
けどなんかアクションやってただけ、って感じであんまり掴み良くない
きのこは中二病的な部分が全開になれば面白いんだろうきっと

・かなめも
な、なんだこれぇー・・・軽く狂っとる
女の子だけの新聞屋ってのも斬新なのかなんなのか既によくわからん
まあどうでもいいな・・

・GA 芸術科アートデザインクラス
これは予想外に面白かった
いや、ギャグはまあそんなに面白くなかったけど、ノンストップで4コマをアニメにした感じでテンポが良かった。
内容はきらら的なものにありがちなだらだらと日常を流すようなものというよりも、芸術学校で何をしているかという方が主体だったので、普通に楽しめた。

・宙のまにまに
可もなく不可もなく、な感じ。
普通に見続けます
[PR]
by anoato | 2009-07-07 20:04 | 感想
木曜日
けいおん!最終話
良かった。良い演出だった。転ばないところ特に。
終わりよければ全て良し。ガールズバンドアニメって題材も面白かったし、原作が4コマにしては思ったよりちゃんと演奏もやってくれてよかった。
なんか刹那的なアニメだったな。まだ番外編あるけど。

東のエデン 最終話
話数がつまって先週今週すごい駆け足で説明してた感じがしたけど、最後の方は盛り上がったな
ただこれ劇場版の宣伝のためのアニメ版とか言われてもしょうがねーだろ終わり方w
ていうか劇場版2部作かよ!
楽しみだから素直にうれしいけど
ただ間が開きすぎじゃないか・・・早く見てーよ
[PR]
by anoato | 2009-06-19 05:33 | 感想
ああああ
もうすぐアニメ化なので、前々から気になっていた志村貴子の「青い花」を1巻だけ買ってみた。
こういう雰囲気の漫画読むの久しぶりだなー
なんでこんなに少ない線で綺麗な絵が描けるんだろう
女性作家の絵はそう思うことがおおい

覚悟のススメはAmazon入荷が遅れるとかでキャンセルした。
あれはあとで漫画喫茶とかで読んでみよう
一緒に注文していたバクマン3巻もキャンセルしちゃったんで書店で購入。
本誌で読んではいたけど、やっぱりテンション上がるな
[PR]
by anoato | 2009-06-18 04:59 | 感想
劇場版グレンラガンオールナイトイベントのトークショーレポ
ネタバレあるんで劇場版見てない人は自己責任で。

■登壇者 今石(監督)、大塚(副監)、中島(脚本)、樋口真嗣(ゲスト)、真鍋(広報)
大塚さんは登壇予定者に載ってなかったけど登場した。

■樋口真嗣面白すぎ。「グレンラガン毎回録画してたけど18話だけ録画失敗してたから仕方なくニコニコで見た」とかはっちゃたこと言ってて笑った

■まだ劇場版見てない客が数人いたので、中島が「じゃあネタバレ発言するときは俺手挙げるから、そんとき耳ふさいでて」と発言。「前にもこういうのなかった?」という話になり、そこから「アフレコ中に中島があまりにも喋りすぎて雑談なのか声優に対する指示なのか全くわからないので、真面目な指示のときだけ手を挙げるというルールにした」というエピソードが語られた。しょうもないオッサンだ!

■6話解放版について。
 中島「あれはガイナックスの良心と言われた大塚さんの新境地を開拓しましたね」
 大塚「いや、あれはみんながやれって言ったことをまとめただけだから・・・」
 真鍋「朝アニメはモザイクすらも許されないんですよね」
 樋口「モザイク型ガンメンを出せばいい」
 中島「それいいね。モザイク型獣人とか。股間に反応して擦り寄ってくる」

■投稿された質問への解答集
Q.ガンメンの操縦が最も上手いのは?
A.中島「一番ガンメンの操縦が上手いのはロージェノム、でも僕の中ではアーテンボロー」
Q.ブータはなんでずーっと小さいままなの?
A.中島「ブータは普通に成長してます。ただ人間がもっと成長してるだけです。最終的にはみんな20mくらいになってます。これが螺旋の力の恐ろしさです」
Q.螺巌編エンディングの絵(アイコン的な)はそれぞれ何ですか
A.今石「あれは各キャラクターの特徴的な部分です」
  中島「ギューザック小隊長は?」
  今石「出てきません」
Q.エンキドゥルガーのドゥルガーはヒンドゥー教の神の名前からきてるんですか?
A.中島「そうです。僕は最初「エンキドゥイットヨアセルフ」という案で出したんだけどそれは通りませんでした」
Q.ヴィラルの片目は絶対に出さないと設定画に書いてあるんですが、その理由は?
A.今石「あれは錦織がこだわってたんだよね。理由は特に明かされなかったけど」
  中島「片目はフジテレビ朝9時の番組(※ゲゲゲの鬼太郎)に出張してたんだよ」
  真鍋「フィギュアのとき片目はどうすればいいのか何度も聞かれました」
  中島「鬼太郎のフィギュアを参考にすればいいじゃん」
  真鍋「ちなみにヴィラルのPVCフィギュアがもうすぐ出ます」
  (客席から)「大人シモンも出して!」
  中島「僕はアーテンボローをリボルテックで出して欲しい」
Q.ガンメンのデザインはなんであんなにずんぐりむっくりなんですか
A.今石「僕のこだわりというかトラウマです。子供の頃、いろんな会社がロボット物を量産しまくり、「これは何がかっこいいんだろう」というロボットを見ているうちにそれがかっこいいと思うようになってしまって、結局「見たらダサいけどだんだんかっこよく見えるロボット」を作りたいと思ってしまった。メカデザの吉成くんには迷惑をかけた。グッズ化も、今こそされてるけど最初は全然されなかったんだよね。」
  中島「一番くじとかすごい出来がいいよね。アガーをたくさん並べたい」
  真鍋「一番くじの担当者がすごいグレンラガンのファンで。最初はアゴデコ(ロシウの村のガンメン)をフィギュア化しましょうという話を持ち出してきてびっくりしました」
  中島「アゴデコはあれ、ロシウが天元突破してたらあれに乗ってたよね。鼻から緑の炎が出る感じ」
Q.ニアの花にまつわるのシーンは「涙の種、笑顔の花」を受けて挿入されることになったと聞きました
A.今石「いや、元々入れる予定ではあったけど、歌を聴いてからエピローグ部分が綺麗に繋がったという話」
  中島「ニアは植物人間で、植物による世界制服を企んでいたのかなぁ」
Q.ブルーレイで出ないんですか
A.中島「それはアニプレックスに言ってください。僕にできるのはDVDの後ろ側を青く塗ることだけです」
Q.(樋口に対して)パラレルワークス2をやるとしたらどういうものを作りますか?
A.樋口「え?俺?これ答えたら作らなきゃいけないの?」
  中島「いや、作らなくていいんですよ。今は
  樋口「アーテンボローを使って、「一人で留守番してたら家がぐちゃぐちゃになった」みたいな話をやりたい」
  中島「ああいいねえそれ。蛇口を捻って水を出そうとしただけなのにいつのまにか家が崩壊した、みたいな」
  樋口「本当に面白そうだなこれ」

■以前ぷっすまで草薙がグレンラガンのムック本を見てカッケー!と言っていた話のまさかの後日談が。
・樋口が今石たちと飲みに行ってるときに草薙に電話したら、「飲みすぎないようにしてください」と言われた。しかしその3日後くらいに当の草薙が例の事件を起こした。
 中島「草薙くんが天元突破しちゃいましたね」
・その謹慎中、武田(プロデューサ)から受け取ったグレンラガンDVDを樋口が草薙に送りつける。それで草薙はグレンラガン見て、ほんとにはまっちゃったらしい。

■樋口真嗣がグレンラガンに影響を受けて「ロックドリルの世界 ~地底世界の超機械巨神~」というDVDを出す。トンネル工事の機械を紹介するとかいう無駄にコアなDVD。ナレーションはロージェノム役の池田成志で、終始ロージェノムな感じの喋りでやってもらったらしい。

■BGM担当の岩崎は、「ロボットアニメ嫌い」を公言しているほどだったが、最終的には舞台挨拶にグレンラガンTシャツを着て、「俺は作曲家としてここに来たんじゃない。大グレン団の一員として来たんだ」と言い放つほどのグレンラガン好きに。
 中島「あれは卑怯だよね。敵だった奴が味方になるみたいな。おいしすぎる」



他にも覚えてるの、思い出せないの含めていろんな話でたけど、面白いのまとめるとこんな感じ。
[PR]
by anoato | 2009-06-14 08:37 | 感想
KK
一番くじのキングキタンをゲット。
画像で分かってたけど、ほんと出来がよくてびっくり。
キングキタンって微妙なバランスで保たれてるから造型によっては一気にダサくなると思う。
でもこれは絶妙なトガり具合だ。

c0153754_19492539.jpg


c0153754_19495054.jpg

コイツはシモンの!
大グレン団の!
人間の!
いや、このオレ様の魂だ!!
テメエ如きに、喰い尽くせるかあああ!!!!
[PR]
by anoato | 2009-06-03 19:50 | 感想
螺巌篇
螺巌篇本編と、舞台挨拶に行ってきた。
ネタバレは書きたくないので内容については触れないけど、とにかく凄かった。
紅蓮篇でも後半相当めちゃくちゃやってたけど、あんなのただの総集編だったね、って感じるくらい。

たまに言ってるけど俺はすごい泣き上戸で、映画アニメ小説なんでもよく泣くんだが
今回も酷かった。ほんと恥ずかしい話なんだけど
中盤からずっと涙流れっぱなしで、何に感動してるのかわかんないんだけど、とにかく涙が出た
上映後の舞台挨拶で小西と井上が全く同じことを言ってて、ああやっぱりそうなんだなあと思った。

舞台挨拶の盛り上がりも前回より凄かった。
グレンラガン好きな人たちが集まって、みんなであんなもん見せられたらそりゃテンションおかしくなるよ

あんなんで泣くなんて頭悪いんじゃねーのって思われるかもしれないけどもうなんでもいいや!
超なんでもいいや!
あと2回見に行く!



c0153754_2015592.jpg


↑パンフとかもらったものとかいろいろ
紅蓮篇のフィルムカットがもらえたんだけど、もらった部分はシモンが部屋で落ち込んでるところだった。
シーンのいい悪いってよりも、暗いシーンすぎて後ろから光かざさないとわからないのがなあ・・・スタンド付きなのに飾っても見えねえ
あとcagayakeGIRLS!はなんか螺巌篇の特典ステッカーもらいにアニメイト行ったらいつの間にか買ってました
侵されてるな・・・
[PR]
by anoato | 2009-04-25 20:13 | 感想
でっかいグレンラガン
グレンラガンのプライズ品のでっかいソフビフィギュアが、500円だったので衝動買いしてしまった。送料入れると1000円になったけどそれでも安い。
c0153754_16433029.jpg

この画像で大きさが伝わるだろうか。目の前にあるとなかなか圧巻です。


c0153754_16455875.jpg

こんな感じ。ソフビだから安っぽくも見えるかもしれないけど、意外と丁寧な作りです。


ちなみに全長30cmオーバー。研究室に飾っているので比較物がないのが残念。リボグレンとかと並べたら面白かったかもしれないけど。

ていうかこのサイズの超銀河出して欲しいな
30cmもあれば迫力十分
[PR]
by anoato | 2008-06-21 16:54 | 感想
チュンチュン・・・
驚くぐらいにリボグレン売ってねえ
焦って買うこともないやと思ってたんで金曜に模型屋に行ったんだけど売り切れ
日曜に3店ほど回ったんだけど無し。
グレンラガンってここまで驚異的に人気あったか・・・?
流石にこんなに売れてるとは予想しなかった。それとも全体的に入荷数が少ないのか?
とりあえず焦って買うこともないんで再入荷したタイミングで適当に買います。
発表から発売までが長すぎたんで、今更入手が延びようと特に気にしない。


化物語の過去にあたる、散々もったいぶってやらず終いだったらぎ子と忍の話が描かれた傷物語がいつの間にか発売してた。書籍関係の発売日ってあんまりチェックしないから見かけたら買うってことが多い。なにか買うものがないかと書店をうろうろするのって、それだけで結構楽しい。
忍野のやたらとアニメ化を意識した挙動ネタは、執筆時期を考えると化物語のアニメ化が決まった、もしくはアニメ化の話がきている時期だったのだろうか・・・?
どんだけタイムリーなネタだよそれ!


最近GyaOの全話配信に乗っかって、ダブルオーを見た。見よう見ようと思ってたからいい機会だった。こんなこと言うとライダー見ろとか言われそうだけど。
で、肝心の中身だけど、なんというか「結構面白いよ」って言いたくなる作品だと思った。面白いんだけど、「結構面白い」とか言わせちゃう時点で手放しに面白いわけじゃないというか。
演出のせいなんだろうか?話の流れは悪くないのに、圧倒的に盛り上がりに欠けるというか。アニメって演出過多なくらいでちょうどいいのかなあ。コードギアスみたいに。
それでも、とにかく、嫌いな作品ではないです。2期が始まる前に見れてよかった。
[PR]
by anoato | 2008-05-19 05:38 | 感想
俺の×××で・・・
前に出たら買うって言ってたグレンラガン原画集、地元で全然仕入れてないので保留にしてたんですが、グレンラガンムックの後編(最終発掘完了編)の発売に合わせて、Amazonで注文しました。

ムックの方は上巻に引き続き最高に素晴らしい内容。インタビュー欄の充実は、流石というかなんというか。今石、中島、鶴巻、榎戸の4人トークで「吉成曜がアニキとシモンの話に対してこだわっているのを、吉成兄弟と関連させて考えると・・・」とか話してて笑った。あと最後の公開収録座談会も全編通して面白かった。ロシウとヴィラルのギガドリルブレイクとか聞いてみたかったね。参加してた人が羨ましい。中島さんも「ヴィラルの嫁の名前はツーマだけど、『妻』からきてるんじゃなくて『待つ』って意味でツーマ」とかそれっぽい解説しといて、娘の名前聞かれたら「メムス」とか普通に答えちゃう適当さに笑った。コントかよ!
柿原がドイツからの帰国子女っていうのは初めて知った。なのはのベルカ式デバイスのドイツ語音声も柿原がやってたんだってね。全然知らなかったよ。
知らなかったと言えば、マッケンの声も小西ってことも全然気が付かなかった・・・確かに言われてみれば、って感じだ。「神永レオ⇒カミナがオレ」って気づく人は気づいてたんだろうな・・・

原画集の方は、主要なシーンはアニメスタイルとかで今石が話してたりするので誰が描いてるかわかるんですが、原画集の方にも軽く書いて欲しかったな。担当した人を。まあ誰が描いたかは別としても、カメラ先生の言うとおり、初めて買いましたけど面白いですね原画集。噂のすしおのギガドリルパートも、素人目に見てもわかるくらいすごい気合入ってるんで(原画レベルから綺麗)、ロージェノムのあたりの原画も期待できますよ。
高いんで今バイトやってない俺にはきついんですが、2巻3巻も欲しいな・・・
[PR]
by anoato | 2008-04-05 16:24 | 感想
S.I.C. ゾルダ
c0153754_062040.jpg

タイガとゾルダはセット販売なんですが、タイガが欲しい友人がいたので、ゾルダだけ欲しかった俺は彼と折半することにし、買っちゃいました。ヤフオクで買ったんだけど、折半したお陰でゾルダ単体で1500円。この値段でこの出来なら超満足。前から画像見てわかっていましたが、SICは本当にかっこいい。原作ガン無視のギガランチャーなんて最高にいかした出来です。


c0153754_0134938.jpg

誰もがやるであろう遠近法フル活用の画。


c0153754_016597.jpg

リボルバーの弾丸はちゃんとひとつひとつ取れるようになってます。こういう細かいギミックは素晴らしい。ただ、今ひとつツメの甘い部分はあるんだよなあ。マグナバイザーのカード収納部が原作通り下方向にスライドするんだけど、ストッパーがない上に緩いのでそのままストンと落ちやすい所とか。


c0153754_0111148.jpg

後姿もかっこいい。SICのケツはすごい引き締まってるよね。


c0153754_0193019.jpg

太いんだよ!
硬いんだよ!!
暴れまくりなんだよォ!!!



というわけで大満足でした。とにかくギガランチャーのインパクトが凄いので、飾っておくとド迫力。最高に癒されるね。
タイガの方も写真だけ撮ろうかなあと思ったけど、パッケージ内のハリガネみたいのの拘束がやたら厳重なんで、外すのめんどくさいのでそのまま友人に渡します。
[PR]
by anoato | 2008-03-13 00:38 | 感想